FXをこれから始める人は失敗する前に確認しよう

FXを始めようと考えている投資初心者の方へ

最近、多くの方がスマートフォンやタブレットPCなどのモバイルデバイスを利用されております。これらのモバイルデバイスは、場所を選ばずにインターネットにアクセスをする事が出来るので、大変便利だと思います。このモバイルデバイスを利用して投資を行っている方が大勢いらっしゃいます。

 

多くの投資がインターネットを利用してオンライントレードを行っております。株式投資やFXなどはオンライントレードの代表です。自宅のパソコンだけでなく、外出先にてスマートフォンやタブレットPCを利用する事により、投資タイミングを逃さないで済みます。

 

書店に出かけると投資に関する特集を掲載したビジネス雑誌や、経済雑誌が多数販売されております。インターネットには、投資初心者による投資体験談を綴ったホームページやブログが多数公開されております。

 

これらのホームページやブログには、証券会社の口座開設から初めての取引までの体験談を日記として記載しております。投資初心者に方には大変参考になると思います。

 

現在、一番人気がある投資がFXです。この投資は、外国通貨の売買により発生した差額にて利益を得ます。この投資の人気がある理由として、取引ルールが比較的理解しやすくて、かつ準備する運用資金が少なくてもよい事が挙げられます。

 

この投資に挑戦する事を決めたのなら、まずはFX業者と契約をして取引口座を開設します。いろいろなFX業者が市場に参入しております。取引手数料が無料である事や、スマートフォンやタブレットPCで利用するアプリケーションが豊富である事をアピールして、新規契約者の開拓を目指しております。

 

テレビコマーシャルやビジネス雑誌、インターネットなどでこれらの広告をよく見かけます。取引口座を開設したのならば、FXを始める事が可能になります。自宅だけでなく、スマートフォンやタブレットPCを利用して職場やカフェなどで取引をする事が出来ます。

これからFXを始める初心者は注意

「FXで有り金全部溶かした人の顔」といわれて何の事だかおわかりでしょうか。今投資に注目が詰まってきており、中でもFXは初心者でも比較的少額で始められる投資として大きくなっていっています。ですが当然投資にはリスクがついて回ります。

 

後になってご自身がそんな顔をしなくてもいいように簡単にですが気をつけること、特にFXの内容自体についての注意点についてはネットにたくさんありますので、それ以前の心構えのようなことを説明させていただきます。まず重要なことはどこのFX業者にするのかです。

 

扱っている所はいくつもありますので、時間をかけてじっくりと吟味してここなら信頼できると思えるところを探しましょう。ネットにはFX口座の比較サイトなどもありますので、そちらを参考にしてもいいでしょう。そして始める際にはある程度覚悟をしてから始めましょう。

 

どうしても一切損をせずずっと儲けを出し続けていくというのは難しく、大なり小なり負けてしまうことはあるでしょう。そのような時にあわてず対処できるように、「負けるときだってある」と心構えをしておきましょう。何か自分流の落ち着く方法を見つけておくのも手段です。

 

失敗して、失敗を取り戻そうとむきになってさらに負けを繰り返していくという悪循環だけは何としても避けなければなりません。そしてこれが基本であり一番の注意点なのですが、とにかく始める前にできる限りたくさんの情報を集めておきましょう。

 

本屋や図書館に赴いて何冊も本を読み漁るのもいいですし、ネットで様々な条件で検索をかけて調べるのもいいです。もし身近にすでにFXを始めている人がいるなら話を聞いてみるのもいいでしょう。とにかく始める前にできる限り詳しくなっておきましょう。

 

もし疑問点や気になることがあるなら必ず納得がいくまで調べてはっきりとさせておきましょう。どうしても始めてみないとわからない部分はあると思いますが、それでもやはり「始める前に十分な準備をしておく」ということは重要です。

FXとは

FXの代表例は金利の高い通貨を購入する事で、金利の低い通貨を売るときに生じる金利差で利益を確保するというものであり、日本においては非常に低金利であるため、この差を利用して、大きな利益を獲得するのが目的となっています。

 

また、日々変化する為替変動に合わせて、タイミングよく売買を行うことで、莫大な為替差益が得られるということになります。従来は、外国の通貨を買うときには、大きな銀行で購入するのが一般的でしたが、近年においては、インターネットなどの発達により誰でも手軽に購入する事が可能となっています。

 

レパレッジを使用する事で少額の自己資金からでも、その金額の数倍の外貨を購入する事が可能となっている為、証拠金を積むことによって自己資金以上の額を取引する事ができます。故に、レパレッジを上手く利用する事で自己資金以上のポジションを持つことができ、たくさんの利益を生み出せます。

 

FXにおいては、24時間売買が可能となっており、レートが提示されているので、売買のタイミングを逃すことがないですし、また、ポジションを持った後に大きく相場がかわったとしても、すぐに対応できるのが特徴となっており、近年において取引の需要はおおくなっています。

ローソク足とはどのようなものか

 

ローソク足とはある期間の値動きを示したもので、始値と終値、高値と安値の4つの値段をグラフ化したものです。始値よりも終値が高い場合は陽線、始値よりも終値が低い場合は陰線と呼ばれグラフには陽線を白抜きの四角形、陰線を黒ぬりの四角形で表されます。

 

そしてこの部分をローソク足の実体と呼びます。一定期間中に始値や終値よりも高い値段をつけた場合は上に突き出す形で線が引かれ、上ヒゲと呼ばれます。また、一定期間中に始値や終値よりも低い値段をつけた場合は下に突き出す形で線が引かれ、下ヒゲと呼ばれます。

 

始値と終値が同じ場合は実体が無く、始値や終値が高値と安値である場合はヒゲの無い変則的な足になります。ローソクを表す一定期間が1分の場合を分足、1日の場合を日足、1週間の場合を週足、1月の場合を月足、1年の場合を年足と呼びます。

 

FXは24時間取引が可能ですが一般的にNY市場の終値を日足の終値として表します。以上のことからわかるように、ローソク足には様々な情報が表されています。ヒゲが長ければ投資家が悩んでいるサインで実体が長いほど強い動きを示しています。

 

そして複数のローソクを組み合わせて分析を行うことで相場の総合的な流れを掴むことができます。